ボクシング・マガジン休刊

複数冊購入した増刊号もある。初めて買った1980年代以後およそ40年…歴史ある専門誌『ボクシング・マガジン』の休刊を、今さらながら残念に思う。 下里 淳一 Junichi Shimozato 初めて購入したのは1981年、《大熊正二vsアントニオ・アベラル》戦の掲載号だった...

井岡一翔_2022.7.13

およそ3年半ぶりの再戦。井岡一翔が、前回惜敗したドニー・ニエテス相手に完勝した。フルラウンド、素晴らしいリードブローを堪能した―― 下里 淳一 Junichi Shimozato クライマックスのない12ラウンズだったが、王者の左ジャブが素晴らしくて、僕は見ていて倦むことが...

狂宴_2022.6.19 in 東京ドーム

300万円というリングサイドチケットや試合当日の熱狂ぶりに驚かされた《THE MATCH 2022》、勝利したのは那須川天心だった―― 下里 淳一 Junichi Shimozato リングサイド席300万円と聞いて驚き、当日の熱狂にも度肝を抜かれた。...

京口紘人vsベルムデス_2022.6.10

京口紘人が、ラフでタフな内容になった敵地メキシコでの防衛戦をクリアした。次は拳四朗との統一戦か、それとも……!? 下里淳一 Junichi Shimozato 敵地メキシコでKO防衛。京口紘人、やったね。 こんどは寺地拳四朗とやってほしいが、いろいろ引き合いがあるみたいだか...

Monster, PFP#1

ノニト・ドネアを痛烈に返り討ちし、バンタム級の3団体統一を果たした"Monster"井上尚弥が、RING誌の《Pound For Pound》ランキングで1位に選出された―― 井上 博雅 Hiromasa Inoue アメリカの老舗専門誌『The...

井上尚弥vsノニト・ドネア2_2022.6.7

モンスターが有利だろう、勝つだろうと予想してはいたけれど…言葉を失う強さ、凄さ、怪物ぶりだった―― 下里 淳一 Junichi Shimozato スピードやパワーが違った。 そもそも見えているもの、感じているものが違った、みたい。...

モハメド・アリ 2022

「ザ・グレーテスト」モハメド・アリが逝って6年。ボクシング界はもちろん、それ以外に及ぼした影響、功績や偉大さをいま一度思い返す… 下里 淳一 Junichi Shimozato ソニー・リストンといい、ジョージ・フォアマンといい、時々の無双の王者を倒した。...

シュガー・レイ・ロビンソン

"パウンド・フォー・パウンド・キング"は彼のための言葉だ――クラシックなファンやジャーナリストにはいまも史上最高のボクサーに推す人も多い、シュガー・レイ・ロビンソンについて空想した。 下里 淳一 Junichi Shimozato 路上に人だかり。...

President PACQUIAO !?

2022年5月9日はフィリピン大統領選挙の投開票日。候補者の一人、マニー・パッキャオが当選…となる可能性は低いようだけど、10年以上前にもしかして、なんて想像をしていたことを思い出している―― 井上 博雅 Hiromasa Inoue...

4.9 ゴロフキンvs村田

一方には「絶対」と形容するワードが入る、日本ボクシング史上最大規模の《王者対決》が決した。勝利したのは「絶対王者」だった―― 下里淳一 Junichi Shimozato ゲンナジー・ゴロフキンのパンチは見えない。 その鉄塊は真正面からふいに来たり、後ろから飛んで来たり、真...

6月7日、さいたまスーパーアリーナ

2022年6月7日(火)、さいたまスーパーアリーナ。"モンスター"井上尚弥とノニト・ドネアが、あのときと同じ会場で再び拳を交える。待ち遠しい、ワクワクドキドキの時―― 下里 淳一 Junichi Shimozato ワクワクドキドキの時がまたやってくる。チケットもべらぼうに...

4月9日、さいたまスーパーアリーナ

2022年4月9日(土)、さいたまスーパーアリーナ。あの"GGG"と、村田諒太が拳を交える。歯がたたないかもしれないが、あのときのようなシーンも見られるかもしれないワクワクドキドキの時―― 下里 淳一 Junichi Shimozato...

拳四朗が勝った

因縁のリターンマッチは、前チャンピオン寺地拳四朗が矢吹正道に完勝し、王座返り咲きを果たした。その流れは、昭和の"あの対決"にも似ているものだった―― 下里 淳一 Junichi Shimozato いきなりぐんぐん攻めていった寺地拳四朗。...

What If... 井上×井岡

どういうきっかけであれ、胸躍る好カードが実現するのはうれしい。話は出たものの実現には至らず、となってしまわないでほしいのだけれども―― 井上 博雅 Hiromasa Inoue 史上最高の日本人対決 いつのまにか3月も半ば。...

情けは人のためならず

矢吹正道とのリターンマッチが決まった、寺地拳四朗。王座奪回を目論む前チャンピオンのボディブローについて、言おうと思って言いそびれていたことをひとつ―― 下里 淳一 Junichi Shimozato 負ける前に言っておきたかったが遠慮が働いて機を失ってしまったけれど、再戦決...

モンスターであるために

昨年12月にタフなチャレンジャーを退けた井上尚弥の次戦は、一昨年春に一度は決まったカシメロか、その前年に激闘を繰り広げたドネアとの再戦か。もしも、もしもカシメロになるとしたら―― 井上 博雅 Hiromasa Inoue ノー・トラッシュトーク...

大場政夫と正月興行

まもなく五十回忌の節目。世界チャンピオンのままこの世を去ったボクサーが、最後となった一戦で大逆転KO防衛を果たしたのは年の初め、1月2日だった―― 下里 淳一 Junichi Shimozato 大場政夫が逝って49年、五十回忌という節目を迎える。...

2021 - 2022

ボクシングがらみでも、そうでない話題でも、1年前ほどの閉塞感はないものの「コロナ」の文字を見聞きしない日はまだない2021年が、もうすぐ暮れる。 井上 博雅 Hiromasa Inoue しばらく行けておらず、次にいつ行けるかの予定もまったく立てられない現状が変わらない中―...

ライブと、テレビorネット観戦と…

モンスターがタフなチャレンジャーを8ラウンドで仕留めた一戦。会場で感じた小さなストレス、感じたことを少しばかりブツブツ言ってみる… 井上 博雅 Hiromasa Inoue リメンバー 19日にWOWOWで録画放送された《井上尚弥×アラン・ディパエン》戦を、ようやく視聴でき...

「黄金の中量級」特集!

以前は"Fabulous Four"、最近は"Four Kings"というネーミングで語られている、1980年代の《黄金の中量級》。WOWOWで、この4強を特集するシリーズが始まっている。 井上 博雅 Hiromasa Inoue 「石の拳」登場...