大場政夫と正月興行

まもなく五十回忌の節目。世界チャンピオンのままこの世を去ったボクサーが、最後となった一戦で大逆転KO防衛を果たしたのは年の初め、1月2日だった――

下里 淳一

Junichi Shimozato


 大場政夫が逝って49年、五十回忌という節目を迎える。


 最後となった1月2日のあの試合、家のテレビで親父と見ていた。


 ボクシング興行の範疇を越えたことが起こってしまって、だから早く試合を止めないといけないと、気持ちがざわついたことを覚えている。


 逆転勝利の感動よりも初回の怖さが印象深い。


 僕には地味なボクサーだった大場政夫なのに今も記憶にあるなんて、そうしてたぶんあの試合のせいで、僕は新年のたびに正月興行を懐かしんだり待ち望んだりしている。


 大晦日の井岡一翔は横綱相撲でさすがだったけれど、もったいない。


 年の瀬よりも年の初めのリングがいい。それがどんな勝負になろうとも、人の気持ちに長く響くような気が、僕にはするから。

2022.01.03





閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示