シュガー・レイ・ロビンソン

"パウンド・フォー・パウンド・キング"は彼のための言葉だ――クラシックなファンやジャーナリストにはいまも史上最高のボクサーに推す人も多い、シュガー・レイ・ロビンソンについて空想した。

下里 淳一

Junichi Shimozato



 路上に人だかり。


 米国の黒人コーラスグループがリズミカルなラヴソングを歌っている。

アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ

Sugar Ray Robinson, "IBHOF" Museum

どうしようもないんだ どうしようもないんだ


好きで好きでたまらないんだ 好きで好きでたまらないんだ

 見物は手拍子をとり、腰を振り、足を鳴らして唱和している。間奏のテナーサックスも華やぎを添える。


 そこへシルバーグレーの三つ揃えで決めた長身の黒人が現れて、ほんの数秒、タップダンスを披露して、やんやの喝采を浴びた。右手を挙げて笑顔で応え、すぐにその場を離れる。


 その後ろ姿に、史上最高のボクサーと称えられている人物ではなかったかと気づいて、おれはあわてて追いかける―――


 つかのまでもいい、近くにいたい、そんな思いが突き上げてきた。


 WOWOWで放送された スポーツドキュメンタリー「偉大なるアスリートたち シュガーレイロビンソン」を見ていて…ボクシングだけじゃない、歩く姿も優雅だったとアンジェロ・ダンディが言うのを聞いて、そんな空想をした。

2022.05.25

Photo : H.Inoue


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示